CLOSE

お電話でのご予約・お問い合わせ

総合ナビダイヤル
9:00 — 19:00
ご注意

お電話でのご予約の場合は、別途新規予約手数料1部屋あたり1,000円(税別)がかかります。

予約状況により承れない場合もございます。予めご容赦ください。

1

ご宿泊の人数を入力して下さい

大人 :

小人 :

1部屋の人数をご入力ください
小学6年生までのお子様は、添い寝の場合、2名様まで無料でご宿泊いただけます。
2

チェックインのお日にちを入力して下さい

3

チェックアウトのお日にちを入力して下さい

4

お部屋のタイプを選んで下さい

広さ
21.32m2
定員(大人)
2名
ベッドタイプ
ツイン
ベッドサイズ
幅120cm×長さ206cm(セミダブルクラス)
広さ
28.57m2
定員(大人)
4名
ベッドタイプ
ツイン・トリプル・フォース
ベッドサイズ
幅120cm×長さ206cm(セミダブルクラス)
広さ
33.75m2
定員(大人)
4名
ベッドタイプ
ツイン・トリプル・フォース
ベッドサイズ
幅120cm×長さ206cm(セミダブルクラス)
複数選択して検索していただけます。

変なホテル全体コンセプト

「変なホテル」は先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追及した世界初のロボットホテルです。

フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、クロークではロボットアームが荷物をお預かり、手荷物はポーターロボットがお部屋(A棟のみ)までお運びします。どこか温かみを感じるロボットたちとの楽しいひとときに、心をくすぐられることでしょう。 更に、客室前で顔認証をすれば、その後はまさに顔パス感覚。鍵の持ち運びのわずらわしさ、紛失の不安から解消されます。
「変」には「変化しつづける」という意思が込められ、目指すは、常識を超えた先にある、かつてない感動と快適性。

「変なホテル」へご宿泊の皆さまを、未体験のサプライズで一足先の未来へいざないます。

EAST ARMコンセプト

環境との共生を目的に、空調にはエネルギー効率に優れた最新の「輻射パネル」を採用。エアコンのような乾燥がないのが特徴で、暑い時は、体温から直接熱を奪うことで涼しさを感じさせ、寒い時は、体温から奪われる熱を抑え暖かさを感じさせます。一般の冷暖房よりも温度差が少なく、オールシーズン快適に過ごせる設計となっています。
バス・トイレは全室セパレート。ご自宅のお風呂を再現し、ゆったり入れるバスタブで快適な滞在をご案内致します。

WEST ARMコンセプト

オランダ語で「森の家」を意味する「ハウステンボス」の名から発想し、木のぬくもりと落ち着きのある空間を演出しています。シックでモダンなインテリアの数々に、新しい木質構造材CLT(Cross Laminated Timber)を日本のホテルでは初採用し、太陽光パネルの採用や水素エネルギーシステムの導入など、環境に配慮した最新鋭の技術により、滞在機能性を高めます。
ハウステンボスの創業理念「環境との共生」が息づく、近未来型のホテルを是非体感してみてはいかがでしょうか。

お客様にご協力・ご理解いただきたい6つのこと

変なホテルは、快適で心地よく宿泊できるホテルをリーズナブルに提供するために、生産効率の向上に取り組んでいます。

電力の削減のために

1. 照明は人感センサーで自動的に切れます。
リモコンでの操作で切り替えることも可能です。
2. 空調設備は最新技術の「輻射パネル」を採用しています。
(エントランス棟、A棟、B棟、C棟の72室)

輻射(または放射)とは

固体間にある空気に影響しないで、直接対象物から対象物へ電磁波により、熱を伝えること。放射方式の冷暖房は、暑い時には人の身体から直接熱を奪って涼しさを感じさせ、寒い時には身体から奪われる熱を少なくすることで暖かさを感じさせる。一般の冷暖房よりも温度差が少なく、気流による影響も少ない。

ゴミの削減のために

3.無駄なアメニティを排除し、必要最低限のご用意となります。

作業効率化のために

4. メインスタッフはロボットです。
効率的に業務を遂行しながらも、どこか温かみを感じるロボットたちとの会話もお楽しみください。
5. キーレスでの滞在です。
最新の顔認証システムを採用しています。非接触ICカードキーでも滞在できます。

ハウステンボスは、1992年に「環境未来都市」を目指し開業しました。園内には水や電力、ゴミのリサイクルシステムなどを完備し、現在も自然の生態系を守るための挑戦も続けています。

そんなハウステンボスに、新しくホテルを開業するならば、環境に配慮した建築や設備であるべきだと考えました。その一方で、リーズナブルでありながら快適で、さらに訪れる楽しみのような仕掛けもつくりたいという思いもありました。それらすべてを実現するために目指したことが「生産効率の向上」です。

これまで当たり前と思われていたホテルの設備やサービスをひとつひとつ丁寧に見直し、メインスタッフがロボットという、先進技術を駆使した世界初となる新しいホテルを考えました。環境にも配慮し、電力やゴミの削減にも積極的に取り組みます。そのためには、宿泊されるお客様にもいくつかご協力・ご理解いただきたいことがあります。一般的なホテルの常識とは異なる、新しい取り組みなので、お客様の声をもとに改善しながら変わり続けていこうと思っています。宿泊されたお客様は、ぜひご意見・ご感想をお聞かせください。